先着20名様残り3名様




こんにちは、浅田真人です。私のことを書店や雑誌の連載で見たことがある方もいらっしゃると思いますが、おかげさまで「日刊コンピのスペシャリスト」として各種メディアで取り上げて頂いています。

日刊コンピとは日刊スポーツ社が発行している能力指数になります。各新聞社やインターネット媒体で競馬の能力指数というのはよく見かけますが、その中でも日刊コンピ指数は群を抜いて有名な指数であり、同様の類では利用者が日本一多いといっても過言ではありません。

そして、今回の日刊コンピ分析ソフトBRAIN6は、私のこれまでの日刊コンピ研究のすべてを詰め込んだソフトウェアになっています。

多くのユーザー様に愛されて、今回で6バージョン目を迎えることができました。早速ですが、BRAINについて紹介していきます。







BRAINの様々な機能のなかでも、BRAIN特注馬を使った手法が最も簡単なやり方です。ソフトを起動して各レースの「特注マーク」がついている馬を購入するという行為を繰り返すだけなのです。

1レースずつ確認していくのが面倒な場合は、下記のようにBRAIN特注馬を一覧で表示することもできます。




BRAIN特注馬は「的中率」と「回収率」の両方が期待できる馬がいた場合に選出されます。

もちろん、競馬なので100%当たるわけではありませんが、上記の例を見てもわかるように負ける場合も4着や5着といった僅差のケースが多いです。致命的な不利を受けた場合や大きな騎乗ミスがあった場合などでも馬の実力だけで掲示板までは持ってきているということです。

「BRAINを起動して、BRAIN特注馬を購入する」

この作業をひたすら繰り返すだけで...






以上のように、日刊コンピ分析ソフトBRAIN6は、様々な機能の中の1つに過ぎなBRAIN特注馬を購入するだけでも膨大な利益を生み出してきました。

競馬初心者の方や考えるのは面倒だという方は、「BRAINを起動して、BRAIN特注馬を購入する」という作業だけを繰り返して下さい。





BRAIN6には、たったの1点の買い目も無駄にしないための徹底した馬券管理機能が搭載されています。

突然ですが、あなたは普段どのような方法で馬券を購入していますか?

もし、以下のいずれかに該当する場合、あなたは無駄な馬券を買っている可能性があります。


例えば、ボックス馬券を活用している場合の例を挙げてみます。あるレースで、1番2番3番4番の三連複4頭ボックス馬券を購入するとします。

買い目は下記の計4点です。

・1-2-3番 オッズ10.0倍(推定的中率15%=期待値150)
・1-2-4番 オッズ15.0倍(推定的中率10%=期待値150)
・1-3-4番 オッズ20.0倍(推定的中率3%=期待値60)
・2-3-4番 オッズ25.0倍(推定的中率5%=期待値125)

このような場合、1-3-4番の買い目は期待値が100を超えていないため買うべきではありません。期待値が100を超えていないということは買えば買うほど損をする買い目ということです。

ボックス馬券に限らず、JRAのフォーメーション・流し馬券などのマークシートを活用していると、必ずといって良いほど期待値が100を割る無駄な買い目も同時に購入してしまいます。

1レースぐらいでは差は出ませんが、年間を通せばとんでもない額のお金を無駄にしている可能性が高いです。

JRAが馬券を簡単に買うために用意したマークシートが、残念ながら馬券の赤字を促進してしまっているのです。

ただ、フォーメーション馬券やボックス馬券を分解して1点ずつ買い目を精査し、必要な買い目だけを購入するという作業はハッキリいって非常に面倒です。

非常に面倒であるがゆえに、競馬ファンの99%以上は1点1点の買い目を精査せずに連勝馬券を買っているのが現状です。

競馬はJRAとの戦いではなく、周りの競馬ファンとの戦いです。99%以上の競馬ファンができていない1点も無駄にしない徹底した馬券管理ができるということは、まさに馬券収支の向上へ直結する作業です。

BRAIN6がこれまでに大きな利益をあげてきたのは、非常に重要だけれども非常に面倒な作業である「買い目の1点1点を精査する作業」をたったの3ステップで1分も掛からないうちに完了させてしまうことが1つの理由です。

BRAIN6では、全馬券(枠連を除く)全買い目のCP(コストパフォーマンス)というものが表示されます。CPが100を超える買い目は「買い!」で、CPが100を下回る買い目は「見!」と判断を下すことが可能です。

高回収率を目指す場合はCPを200以上、300以上と条件を厳しくしていくことで、無駄な買い目を減らし回収率の最大化を目指すことが可能です。





BRAINは多くのユーザー様に支持されて6バージョン目になりました。

バージョンが上がる度にその都度、指数が進化してきたのですが、BRAIN6の指数の精度は業界でも最上級です。

BRAIN指数上位の馬を買うだけでも、これまでに大きな利益をあげてきました。


上記の成績はダントツ1番人気になるような馬も含めてのものなので、人気を絞ることで回収率はどんどん向上していくと考えて下さい。

また、BRAIN指数は基本的に全レースでご利用が可能です。1日全レースで勝負して利益を目指すことも充分に可能です。

競馬で本格的な投資をしたいという方はBRAIN指数を頼りにして頂ければと思います。





BRAIN6には非常に高精度なレース判定機能が搭載されています。

レース判定機能はコンピ1位の信頼度を判定する「コンピ1位判定機能」とレースの波乱度を判定する「レース波乱度」に分類されます。

それぞれの判定結果ごとの成績は下記のようになっています。


まず、コンピ1位判定(左側)ですが、「超信頼判定」の時はコンピ1位馬の勝率が62%もありますが、「危険判定」の時には勝率が12%しかありません。同じコンピ1位の馬でも勝率に5倍以上の差が生じているのです。

また、レース判定(右側)ですが、「本命判定」の時には三連複万馬券率が10%しかありませんが、「大穴判定」の時には三連複万馬券率が80%というように、事前にレース波乱度を高い精度で予測できていることがわかります。

レース判定機能を使えば、非常に効率的に競馬予想を行うことが可能です。


このように、レース判定機能を活用することで買うべき馬が自ずと浮上してきます。

レース判定機能はBRAIN初期バージョンから搭載(その頃よりも精度は大幅に向上)されておりますが、レース判定機能だけでも充分な価値があると評価されて、ここまでの進化を遂げました。





BRAIN6には投票機能が搭載されています。投票機能といっても、ただ馬券を購入できるだけではありません。

上記のように、購入すべき馬券種を自動で最適化する機能がついています。例のケースでは、単勝を買うよりも馬単を買った方が、複勝を買うよりもワイドを買う方が回収率が大きく向上するというものでした。

考え方は簡単なのですが、手作業ではとてもできるようなものではないため、多くの方がやっていない作業です。非常に地味な作業ですが、年間を通せば回収率に大きな差が表れます。

BRAIN6ではワンクリックで極限まで回収率を高めることが可能です。




コンピ1位判定・レース判定・BRAIN指数はすべてカスタマイズすることが可能です。

カスタマイズをしないでも問題はありませんが、もう少し指数を穴馬有利にしたい、もう少し的中率を上げたいといったご自身のスタイルにあわせて調整をすることが可能です。

最終的には自分だけのBRAINにカスタマイズすることが可能です。是非、あなただけのソフトウェアにしてみてください。





BRAIN6には本格的な競馬投資を行う方や土日に色々と考えて馬券を買う行為が面倒だという方向けに、完全自動運転機能を搭載がされています。

BRAIN6の自動運転機能には非常に高度な資金マネージメントシステムが搭載されています。


ソフトが完全自動で「レース選択→購入馬選択→馬券購入」を行うため、最低限の競馬のルールを覚えて頂ければ、「競馬歴・学歴・知識といったものは一切不要で競馬投資を行うことが可能」です。

また、BRAIN指数や特注馬の過去のシュミレーションも容易に行うことが可能です。BRAINを使いこなすためにも自動運転機能をご活用下さい。








BRAIN6にはあなたを競馬の勝ち組に導くための万全のサポート体制を設けております。

万全の取り扱い説明書も用意させて頂いておりますが、わからないことがあればお気軽にお問い合わせください。


浅田真人およびBRAIN6サポートスタッフと共に競馬の勝ち組を目指しましょう。

全力でサポートします!!


BRAIN6をご利用頂くにはチケットをご購入頂く必要があります。BRAIN6はチケット1枚につき1日分の使用が可能(過去の検証は無料で可能)です。

例えば、土日の競馬で両方ご利用頂く場合は2枚のチケット(2日分)が必要です。用事があり、BRAIN6を使えない場合はチケットを使用する必要はありません。ご自身が利用したい開催日にチケットを消費して頂く形になっています。(自動でチケットが消費されることはありませんのでご安心ください。)

BRAIN6の初回利用価格は下記のようになっております。




先着20名様残り3名様




Q:初回チケットを消費した後のチケット購入価格を教えて下さい。

A:下記のようになっております。




Q:ソフトウェアですか?それとも予想サービスですか?

A:BRAIN6はソフトウェアなので、パソコンが必須となっております。但し、内容としては買い目が出るわけなので、予想サービスと同等だとお考え下さい。




Q:誰もが同じ買い目になりますか?

A:自社の高性能サーバーにてあらゆる計算を済ませた後、計算結果を各PCに配信する仕様になっています。したがって、同じ内容のものが全員に配布されて、それを各ユーザーが閲覧する形になるため、誰もが完全に同じ指数や判定を見ることができます。




Q:レース前までパソコンに張り付く必要がありますか?

A:いいえ、BRAIN6は前日にまとめ買いが可能です。なお、目玉機能の1つであるBRAIN指数やBRAIN特注馬も前日~確定まで指数が変化することはありません。




Q:今週の競馬から利用できますか?

A:今週からご活用頂けます。




Q:自動運転機能で利用できる馬券を教えて下さい。

A:単勝と複勝です。馬連~三連単はオプションとさせて頂いております。




Q:1日に何レースが対象でしょうか?

A:BRAIN6には複数の機能が搭載されています。Aの条件でしか使えないというような小手先のソフトウェアではありません。極端な話し、新馬戦~G1戦まで全レースに対応しています。但し、絞る手段はいくらでもあります。例えば、波乱度の高いレースに絞る、コンピ1位の敗北率が高いレースに絞る、特注馬が発生しているレースに絞るなど機械的にレースを絞る手法をマニュアルでご紹介させて頂きます。




Q:初心者なのですがサポートはついていますか?

A:万全のサポートを行いますのでご安心下さい。また、BRAIN6専用LINEでもサポートをさせて頂きます。ソフトのインストールから馬券の買い方までお気軽にご相談下さい。




Q:これまでのソフトよりも精度が高いですか?

A:BRAIN6は浅田真人のすべてを詰め込んでいるので、歴代最上級の威力を誇ります。




Q:ソフトの動作環境を教えて下さい。

A:下記でございます。




Q:このソフトを使えば必ず利益が出ますか?

A:必ずという言葉を使うことはできませんが、これまでに多くのユーザー様がBRAINを使って勝ち組に転じてきました。




Q:1日の予算はどれぐらい必要でしょうか?

A:目指す利益にもよりますが、特にルールはございません。ご自身の予算に応じてソフトをお使い頂けます。




Q:競馬予想会社が信頼できません。

A:BRAINユーザー様にも過去に騙されたという方がいらっしゃいます。浅田はこれまでに多くの書籍を出版しており、社会的にも信頼を得ている人間なのでご安心下さい。BRAIN自体も多くのユーザー様に支持されて6バージョン目になっています。




Q:まったくの競馬初心者なのですが...

A:ソフトに表示されている馬を購入するだけなのでまったく問題ありません。また、サポートスタッフもおりますのでご安心下さい。




Q:パソコン音痴なのですが...

A:ご安心ください。遠隔操作などでサポートスタッフがソフトのインストールをサポートすることも可能です。競馬・パソコンがまったくの初心者の方でも問題はありません。お気軽にご相談下さい。




Q:1レースの予想にどれぐらいの時間が掛かりますか?

A:1分もあれば買い目を出すことが可能です。慣れてくればもっと早い時間で買い目を出せるので競馬場やWinsでもお楽しみ頂けると思います。




Q:狙う馬券種は何でしょうか?

A:全馬券に対応しています。自動運転モードは単勝・複勝のみですが、オプションで馬連〜三連単まで追加することが可能です。




Q:地方競馬でも流用は可能でしょうか?

A:地方競馬では利用ができません。




Q:買い目は機械的に決められるのでしょうか?

A:機械的に買い目を出す方法をマニュアルで公開しております。やる人によって買い目が異なるわけではないのでご安心下さい。




Q:データの更新ですが、ソフト起動するたびに更新は必要でしょうか?

A:最初のみで問題ございません。後はソフトが自動的に行います。




Q:ソフトは何台まで使えるのでしょうか?

A:1台でしか利用できません。2台目以降は別途料金が掛かるのでお問い合わせ下さい。




Q:PCの移行は可能でしょうか?

A:可能です。無料で対応させて頂きます。別途お問い合わせください。




Q:過去の検証は可能ですか?

A:過去約2年間のみ可能です。




Q:パソコンにJRAのオッズを取り込む必要があるのですか?

A:はい。但し、JRAVANデータラボというシステムを使ってオッズを自動的に取り込むことができるのでご安心下さい。




Q:即PAT会員でなければ(他のPAT会員)利用できないのでしょうか?

A:動運転モードの場合は即PAT会員が必須条件となっております。但し、手動モードの場合は不要です。




以上になります。

他にもご質問がございましたら「support●●it-agency.jpまで(●●を@に変えて)」 お気軽にお問合せください。




お電話でのご注文はこちら


先着20名様残り3名様



TOP特定商取引法に関して