馬券術トレンドラインの購入特典としてお使い頂ける高性能ソフト「トレンドアナライザー」が直近の重賞レースでも高配当を数多く的中させています。











朝日杯と阪神カップは指数1位が同値となっており、共に指数1位‐指数1位‐指数5位での決着で万馬券になりました。

波乱の多い重賞は特に得意なレースです。今週の重賞レースもご期待下さい。



こんにちは、秋山亮二です。元々はデイトレーダーとして生計を立てていましたが、プロの投資家が多数参戦してくるデイトレードよりも、素人に近いファンが馬券を購入している競馬に魅力を感じ、現在はプロ競馬予想家として活動しております。

競馬で生計をたてるには様々な手法があります。私もこれまでに多くのノウハウを公開してきましたが、最も簡単かつ強力なやり方なのが「1番人気が負けるレースに投資する」という方法です。

競馬はJRAとの勝負ではなく周りの馬券購入者との闘いです。95%の負け組から支持を受けて1番人気になっている馬を購入していても競馬で勝つことはできません。95%の負け組とは異なる戦略で勝負するからこそ、5%の勝ち組への道が見えてくるわけです。

そして、今回ご紹介させて頂くのが1番人気が負けるレースで圧倒的な勝利を得る馬券術「トレンドライン」です。


馬券術「トレンドライン」はこれまでの書籍では一切公開していない(というよりもできなかった)アンタッチャブルなノウハウです。多くの人が目にする場所では公開できないためインターネット限定で販売させて頂く商品です。

今回のノウハウは多くの競馬ファンに支持されている「1番人気の馬が負けるレースの攻略法」になります。 4コーナーで1番人気の馬の手応えが悪いと周りはざわめき出し、案の定、直線に入ってからも伸びず、多くの馬券購入者から悲鳴が上がります。あなたもこのような経験があるのではないでしょうか。

しかし、馬券術「トレンドライン」を活用していれば、多くの馬券購入者が肩を落としている横で、圧倒的な利益を得ていることになるでしょう。

株式投資の格言で「人の行く裏に道あり花の山」というものがあります。

競馬も投資と同じで群集心理で動いてしまうことがよくあります。それゆえに近走成績の良い馬から馬券を買ってしまい、1番人気馬が誕生するわけですが、それでは大きな成功を得ることは出来ません。むしろ、他人とは反対のことをやる方がうまくいくことが多いのが投資の鉄則です。

もちろん、すべてのレースで1番人気と喧嘩するわけではありません。あらゆる角度から解析を進めた結果、買うべきではないと判断できた1番人気のみをぶった斬るという戦略を採ります。

今回の馬券術「トレンドライン」を通じて"人の行く裏側"を学んで頂ければと考えています。

もし、事前に1番人気の馬が負けることがわかるのであれば、あなたは億万長者になることができます。これは大袈裟な話しではなく、過去のデータからもわかることです。

下記は1番人気の馬が2着以下に敗れた場合の2番人気以降の馬の成績です。

このように上位人気馬を購入するだけで大幅黒字収支になっています。多くの(負け組である)競馬ファンに支持されて1番人気の馬が負けることで、非常に効率よく利益を出すことが可能なのです。

ですが、競馬歴が長い方であれば勝率の高い1番人気と喧嘩して本当に当たるのかと不安になる方もいらっしゃるでしょう。

事実、単勝1番人気は勝率30%を超えているように1着になる可能性が高い馬です。また、2005年2月には1番人気が10連勝という成績を残すことにも成功しています。

しかし、下記の表をご覧下さい。10連勝は2005年以降現時点で一度しかありませんでしたが、逆に10連敗は257回もしています。

また、非常に高頻度で連敗をしていることがわかります。

実際に「1番人気の馬は10回に7回近くは負ける」わけですから、1番人気が負けるレースを探す戦略がいかに有効的かをご理解頂けるのではないでしょうか。

馬券術「トレンドライン」を利用することで絶対に買ってはいけない危険な1番人気を見つけることが可能です。また、1番人気が負けるレースで狙うべき馬がわかります。

こちらはトレンドラインを活用して実際に的中したレースです。1番人気の10番コルコバードは単勝1倍台の圧倒的人気でしたが、トレンドラインの判定は「危険な人気馬」ということだったので自信を持って切ることにしました。

そして、4番サラトガスピリットが推奨馬としてピックアップされたので単勝で10万円の勝負をすることにしました。金額が大きいと感じる方もいらっしゃると思いますが、それはこのレースでダントツ1番人気になっている10番コルコバードが勝つ可能性が低く、4番サラトガスピリットへの絶対的な自信があったからです。

また、この日は他にも下記のような馬券を的中させることに成功しています。



いずれもトレンドラインで「1番人気馬が危険と診断」されたレースでしたが、この3レースの1番人気の馬には共通項がありました。
それは1番人気馬がいずれも「差し・追込馬」であったという点です。当然ながら、それだけで危険と診断したわけではありませんが、表をご覧頂ければわかる通り、1番人気が差し・追込馬というのはネガティブな要素の一つです。



トレンドラインではいくつかの項目を確認しながら1番人気が危険だと診断されるレースを選定し、そのレースで馬券に絡む馬をズバリ選出するというノウハウを学ぶことが可能です。

トレンドラインでは下記のようなチェックシートに沿って、危険な1番人気を診断していく形になっています。


この1番人気危険度チェックシートだけでも大変価値があるものだと考えて下さい。秋山亮二が今まで再考を重ねながら無駄なものを省き、必要なものを加えることを続けてきた結果、完成したシートになっています。これを手にした方からは手放せなくなりましたという声を頻繁に頂いています。

これを入手するだけでもあなたの競馬ライフは180度変わるでしょう。

なお、1番人気危険度シートでは危険な1番人気を判定すると共に、「信頼できる1番人気」も判定することが可能です。馬券を買うレースの1番人気馬が信頼できるかどうか、軸馬にすべきかどうかを見極めて下さい。

ここで改めて、単勝1番人気の成績をご覧頂ければと思います。



前述した通り、1番人気の的中率(勝率)は32%なので、10回に7回近くは負けることになっています。多くの競馬ファンを背負っている1番人気にも関わらず回収率が76%しかないというのも、やはり過剰に人気を背負っているためだと考えられます。

上記の成績は無条件で1番人気を買い続けた場合の成績ですが、(それでも決して良い成績とは言えませんが・・・)トレンドラインでは「1番人気危険度チェックシート」を使うことで下気のような分類をすることが可能です。


「1番人気危険度チェックシート」に沿って分類すると、10回に9回以上的中させるような1番人気もいれば、10回に9回以上負ける1番人気もいることがわかります。

トレンドラインは1番人気が負けるレースで勝つ馬を学ぶ馬券術ではありますが、パターンAやパターンCをご覧頂ければわかるように1番人気と喧嘩せずに利益を出してきた手法も学ぶことができます。

1番人気危険度チェックシートを手に入れれば手放せなくなる方が多いのもご理解頂けると思います。

今までに競馬の書籍を読んだことがある方や競馬歴が長い方であれば、下記のような言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

確かにこれは的を射た言葉です。実際に下記の「単勝オッズ別の回収率」の表をご覧頂ければわかるように(人気薄の馬を除けば)基本的に本命馬になるほど回収率が下がることがわかります。

ディープインパクトやオルフェーヴルのような歴史的名馬が仮に単勝10倍もあるとすれば「高的中率×高回収率」を目指すことができます。ですが、実際には高的中率の強い馬は一般の競馬ファンも当然ながら見つけることができるので人気を背負ってしまい「高的中率×低回収率」になってしまいます。

そういった意味でも本命党よりも穴党の方が高回収率を出すことが簡単です。しかし、あくまでも難易度の問題であり、理想はある程度の的中率を保ちながら回収率100%超えになることです。

秋山亮二の有料予想をご覧頂いている方であればおわかりだと思いますが的中率50%超えでも年間収支をプラスにすることは可能です。

馬券術トレンドラインでも過去10年以上という長いスパンの間、的中率50%を実現しながら利益を出し続けている方法を紹介しています。

高い的中率をキープしながら利益を出すというのは非常に難しいことですが、トレンドラインでは単勝2~5番人気付近の馬で利益を出せるポイントを見つける作戦を採用しています。それよりも人気がない馬だと高い回収率を達成できたとしても的中率はかなり低くなってしまいます。

但し、単勝2~5番人気も(的中率50%ほどの)高い的中率にはなりません。では、なぜ「馬券術トレンドライン」が的中率50%を超えるのか。それは"1番人気が負けるレース"に絞っているからです。全レースの中で考えた場合、2~5番人気だと的中率は高いとは言えませんが、1番人気が負けるレースに限っては下記のような成績になっています。



トレンドラインでは100%の確率で1番人気が負けるレースを発見できるわけではありませんが、90%の確率で負ける馬を発見することは可能です。それゆえに的中率50%を保ちながら利益を出すことに成功しているわけです。

馬券術トレンドラインで紹介するノウハウはすべて秋山亮二が10年以上という非常に長い期間で実際に勝ち続けてきたものを紹介しています。

最近発見した手法や短期間しか利益が出ていないような小手先の手法は一切ご紹介していないのでご安心下さい。

秋山亮二がデイトレーダーからプロ馬券師に転向し、実際に利益を出していく中で培った思考や技術をあなたの脳内にインストールして頂ければと考えています。

また、初心者の方にはわかりやすく、さらに上級者の方にもご満足頂けるように100Pを超える図解入りのPDFマニュアルと30分を超える動画教材にて説明しています。


馬券術自体はチェックシートに沿って行っていくだけなので決して難しくはありません。むしろ、様々なデータを分析しながら予想をしていく一般的な手法よりは圧倒的に容易だと考えて下さい。ですが、馬券購入法という結果だけではなく、なぜそうなるのかといった理論的な部分も含めて上級者の方にもご満足頂けるような構成になっています。


※クリックで拡大

馬券術トレンドラインだけでも充分に利益を出すことが可能ですが、さらに利益を加速させるために秋山亮二が私的に利用しているソフトである「トレンドアナライザー」の完全無料でプレゼントさせて頂きます(無料で利用できる期間は3ヶ月となっています)。

トレンドアナライザーにはトレンドラインを始めとした秋山亮二の最新理論が詰め込まれています。冒頭で紹介した馬券もトレンドアナライザーで◎印(さらに指数値が100以上)の評価となっており勝負できるレースでした。

また、トレンドアナライザーには下記のような出現率を分析する機能が搭載されています。


※クリックで拡大

こちらは冒頭で紹介したサラトガスピリットが勝利した京都9Rのソフトの表です。直近の単勝1.5~1.9倍エリアの馬の出現率の推移をグラフにして表示(青線が出現率の推移、赤線が基準値)しています。

表をご覧頂ければわかる通り、基準値を中心として上下の波を繰り返しています。つまり、直近のレースで出現率が低ければ、その後は出現率が上昇するトレンドへと変わり、逆に出現率が高ければその後は下降するトレンドに変わり、全体平均として基準値に近づくようになっています。

今回の例だと直近で基準値を大幅に超える70%という出現率を記録していたため、これからのレースは下降するトレンドに変わりやすく単勝1.5~1.9倍エリアの馬は危険であることがわかります。そういった意味でも1番人気の10番コルコバードは負ける確率が高いと判断できていました。

トレンドアナライザーには出現率の推移を見極める他にも様々な機能があります。元デイトレーダーとしての視点で私的に作成されたソフトなので競馬というよりは株式投資のソフトウェアのようなイメージになっています。

あらゆる機能を駆使して頂くことも大歓迎ですが、難しいことは一切考えずに◎印の馬だけを購入していくという手法でもまったく問題ありません。実際に◎印の馬を活用し下記のような結果を得ることに成功しています。



この成績は人によって変わるものではなくシンプルに◎印の馬から購入するだけで理論上、誰もがまったく同じ結果を得ることができます。

本ページ内で紹介している馬券も下記のように◎印の馬を購入するだけで的中することが可能です。



トレンドラインで秋山亮二のロジックをしっかりと頭脳にインストールし、トレンドアナライザーを使って圧倒的な利益を出して頂ければと思います。

トレンドラインは決して難しいノウハウではありませんが、競馬初心者の方や、今すぐにでも競馬に勝ちたい強く思う方々のために万全のサポート体制を設けさせて頂いております。

秋山亮二をあなたの講師だと考えて競馬に関する相談を投げかけて頂ければと思います。

トレンドラインを100%使いこなして頂けるように全力でサポートをさせて頂きます。

トレンドラインは100Pを超えるPDFマニュアルと25分を超える動画教材に加えてソフトウェア「トレンドアナライザー」の3点がセットになった商品です。



秋山亮二の競馬研究の成果が詰まっているトレンドラインは競馬で本気で勝ちたいと考えている方だけにお譲りしたいと考えています。また、トレンドラインの実力や利用することで得られる結果を考えた時に、トレンドラインを安売りすることは決してできません。

トレンドラインは49,800円で販売させて頂きたいと思います。

この価格で魅力を感じない方は今回は残念ですがあきらめて下さい。秋山亮二の無料予想や書籍で実力を判断して頂いて、改めて価値があると考えて頂けた時に再考して下さい。



本馬券術の的中率・回収率は何%でしょうか?


本馬券術では過去10年以上の長いスパンで回収率100%を超える手法を1つではなく複数公開していますがメインのノウハウは的中率50%・回収率120%を記録しています。

既に御社の商品を使って大きな利益を出しているのですがこの商品は必要でしょうか?

そうであれば必ず必要とは言えません。但し、今回の理論と他の商品を併用することでさらなる成績向上も可能なので参考にして頂ければ幸いです。

前日に買い目を出すことはできますか?


馬券術「トレンドライン」・ソフトウェア「トレンドアナライザー」共に前日から利用することが可能です。

ソフトウェア「トレンドアナライザー」の利用環境を教えて下さい。

特定商取引法に関する取引のページ内に掲載しているので必ずご確認下さい。

ソフトウェア「トレンドアナライザー」の3ヶ月間利用権が終了した後に継続利用は可能なのでしょうか?

可能です。紹介は購入後にご案内させて頂きます。

ソフトウェア「トレンドアナライザー」を持っている場合はどうなりますでしょうか?

期限を3ヶ月延長させて頂きます。

初心者なのですが問題ありませんか?


馬券術は非常にシンプルなので初心者の方でも実践しやすくなっております。また、サポートもしっかりとさせて頂きますし、初心者様向けのマニュアルもご用意しておりますのでご安心ください。

勝負レース数はどれぐらいでしょうか?


1日に3~4レース前後が勝負レースになりますが、それ以上多くのレースで勝負することも、さらにレースを絞ることも可能です。

1レースの予想にどれぐらいの時間が掛かりますか?


3分もあれば買い目を出すことが可能です。慣れてくればもっと早い時間で買い目を出せるので競馬場やWinsでもお楽しみ頂けると思います。

狙う馬券種は何でしょうか?


単勝・複勝が中心です。馬連・ワイド・馬単・三連複・三連単にも応用することは可能です。

地方競馬でも流用は可能でしょうか?


基本的には中央競馬用ですが、地方競馬にも考え方を適応させることは可能です。

買い目は機械的に決められるのでしょうか?


機械的に買い目を出す方法をマニュアルで公開しております。やる人によって買い目が異なるわけではないのでご安心下さい。

JRA-VAN NEXTとDataLabのどちらの登録が必要でしょうか?


馬券術「トレンドライン」のご利用にはいずれも不要ですが、ソフトウェア「トレンドアナライザー」のご利用にはDataLabが必要です。DataLabのご利用には別途、月額費用(2,052円)が必要です。

投資金はどれぐらい必要でしょうか?


1点から投資は可能です。1日1000円以上ご用意頂ければお楽しみ頂けると思います。

本馬券術を使えば必ず勝てるようになりますか?


いいえ、絶対ではありません。まずはギャンブルであるがゆえに、当たらない時や不調期が続く波もあることを重々ご理解下さい。それでも、多くの方に弊社プロデュースの理論をご愛用頂けているのは最終的にプラス収支を出せている方が多数いるからです。したがって、今回の馬券術も精度には自信がございます。

以上です。

他にもご質問がございましたら「support●●it-agency.jpまで(●●を@に変えて)」 お気軽にお問合せください。





電話での注文はこちら


TOP特定商取引法に関する表記